断乳

https://family-pace.com

子育て 教育

断乳はママの覚悟次第!!

どうも、なこです。

だいちゃん、断乳したのは1歳11ヶ月でした。

何かあるとパイパイ!何処でもパイパイ!夜もくわえながら寝る!!

とにかく、おっぱい大好きで、本当にドリンクバーのように飲み放題でやめれるか不安でした💦

最後は、私が薬を飲む事になったので、心を鬼にして辞めました!!

断乳する時期・理由

断乳する日本の平均は1歳~2歳だそうです。

  • お母さんが仕事復帰する
  • 保育園に預ける
  • お母さんが体調を崩してしまった
  • 夜泣きが辛い

など、いろいろ時期も理由もさまざまです。

でも、断乳する時は2つの条件があり

① 3食離乳食が、きちんと食べられる。

② おっぱい以外の水分補強が出来る。

後は、冬場は風邪をひきやすく母乳を欲しがる、夏場は水分不足になる可能性があるので、避けた方がいいと思います。

断乳失敗

だいちゃん、1歳になったので1度断乳をしようと試してみました。

「今日で、おっぱいバイバイね!ないない!」と閉まっただけで、だいちゃん大泣き!!

泣いて!泣いて!咳き込み吐いてしまいました💦

それを、見て私は負けてしまいました。「あげるから!大丈夫!」と、すぐにあげてしまいました。

まだ少し早かったかな?と思い諦めました。

本気で断乳する時は「泣いても絶対にあげない!!」と覚悟を決めようと思いました。

だいちゃんの断乳の進め方

昼間だけ断乳

だいちゃんは1歳5ヶ月から保育園に通うことが決まっていました。

なので、1歳4ヶ月から昼間だけ、おっぱいをやめる事にしました。

私と家に居ると、すぐ「パイパイ!」と寄ってくるので、午前中は、公園、ショッピングセンター、支援センターなど、いろんな所に出かけました。

いっぱい遊んで、おっぱいを忘れさせる作戦です(笑)

お昼寝の時は、絶対におっぱいなんですが、遊び疲れて車の中で寝てくれる時は楽でした。

寝ない時は、背中を掻いてあげると、気持ちよくて寝てくれました。(私も小さい頃、お母さんに背中を掻いてもらうと、気持ちよくて、すぐ寝たので同じ事をしました。)

でも、やっぱり「パイパイ!パイパイ!」と泣く時もあり、「夜はあげるから、お昼はダメ!」と言って、抱っこしたり、おんぶしたり、遊んで気を紛らわせたり。

1週間ぐらい続けたら、昼間はおっぱいを欲しがる事もなく、保育園に通う事も出来ました。

保育園に通うようになって

保育園に通うようになって、だいちゃんは、すごく甘えるようになりました。

保育園へお迎えに行って帰ってくると「パイパイ!」と言って、毎日30分ぐらいは、抱っこしておっぱいをあげていました。

くわえているだけなんですが、すごく安心するみたいで、当時は大変でしたが、今では懐かしいです(笑)

保育園に通うようになって、風邪をひいたり、病気になったり💦

休んだ日は、お昼でもおっぱいをあげました。

普段、保育園で頑張っているので、病気の時ぐらいは、おもいっきり甘えさせました。

保育園に入園するからと言って、完全に断乳しなくても良いと思います。

だいちゃんみたいに、保育園から帰った後、スキンシップもとれますよ。

夜の断乳

私が風邪をひいて、蓄膿症になり抗生物質の薬を飲むことになってしまいました💦

もうすぐ2歳なので、1歳11ヶ月!完全に断乳する事に決めました!!

ちょうど金曜日で、土日はお休み!今しかないと思い、パパに相談をして協力してもらう事にしました。

絆創膏に赤マジックで赤く塗りつぶして、血が出ているように見せて乳首に貼り

なこ
だいちゃん!ママ痛い!痛い!
いたい?いたい?
だいちゃん
なこ
痛いの!だいちゃん、おっぱい飲めないけど大丈夫?
いたい!いたい!
だいちゃん

だいちゃんは、心配そうに私のおっぱいをしまってくれました。

その後も「いたい?」と何回も服をめくって確認していましたが(笑)

3日間乗り越えれば断乳出来る!!とパパと徹夜を覚悟で頑張りました!!

枕元にお茶を用意して、泣いたらパパの出番!!

私が抱っこすると、おっぱいがもらえると思ってしまうので💦

寝かしつける時もパパが頑張ってくれました。背中を掻いたり、ポンポンしたり、抱っこしたり、お茶を飲ませたり、どうにか夜中は乗り越えました。

でも、大泣きする時もあり、おっぱいを見せて「ママ痛い!痛い!」と言い続けました。

だんだん泣かなくなり、1週間もすれば諦めて全く欲しがらなくなりました。

まとめ

子供にとっておっぱいは、やすらぎです。

私は薬を飲まないと、蓄膿症が治らないと言われたので覚悟を決めました!!

おっぱいが欲しくて、何度も服をめくり、おっぱいが治ったか確認をする、だいちゃん!

可哀そうでしたが、ガマン!ガマン!心を鬼にしました。

ポイント

断乳すると決めたら、泣いても絶対あげない!と覚悟を決めて下さい!!

何度も失敗を繰り返すと、子供は不安になり、おっぱいに執着する場合があります。

寝かしつける時が、一番大変でしたがパパが協力してくれました。

昼間いっぱい遊んだり、抱っこ、背中をポンポンしたり、背中を掻いたりして寝かせてくれたので断乳する事が出来ました。

断乳した事で、私もだいちゃんも、朝までぐっすり寝れるようになり、ご飯もいっぱい食べてくれるようになりました。

私も薬を飲む事ができ、蓄膿症も治りました。

3歳になった、だいちゃん!おっぱいは全く触りませんが、寝る時は「背中かいかいして!」と言います。

どこか触っていると安心して寝れるようです。まだまだ、甘えん坊で可愛いです。

なこ
最後までお読みいただきありがとうございました

-子育て, 教育
-

© 2021 ふぁみりぃペース